偽装食材だって気にしない

近年「偽装食材」という問題が明るみに出始めていますね。

老舗ホテルや食品会社などで、産地などを偽装して表示していたという問題で、
消費者側としては何を信じればいいのか、表示は妥当なのか、どの食品も
ついつい心のどこかで疑ってしまう気持ちも出てきますよね。

疑心暗鬼になってしまいがちな食品問題を少しでも自己解決するために有効なのが、
野菜の自家栽培でしょう。

自家栽培・家庭菜園の魅力的なメリットの一つが「安全な野菜を食べられる」という
点でしょう。

自家栽培・家庭菜園での野菜作りであれば、農薬を使わずに野菜を育てることが可能です。

無農薬となると害虫駆除や病気対策など、手間がかかってしまうのも事実ですが、
自分で自信のもてる安心・安全な食材を手に入れられるというのは、とても魅力的な
ことでしょう。

土づくりから肥料追加、日ごろのお世話など自分自身の手でおこなっているのですから、
育った野菜の安全性は折り紙つきといってもいいでしょうね。

特に小さなお子さんがいる家庭では、偽装食材に対して敏感になりますよね。

安全な食材、体に良い野菜を子ども達に食べさせてあげたいと思うのは、親心として
当然なのではないかと思います。

食材に対する不安や問題も、家庭菜園で少しでも解決できれば気が楽になりますよ。

このページの先頭へ