間引きと移植

野菜を種から撒いたのであれば「間引き」という作業が発生すると思います。

間引きというのは「健康そうな芽だけを選んで育てる」もので、発育のよさそうな
ものだけを選んで、その芽を効率良く育てるために必要となる作業です。

葉がみずみずしく綺麗な緑色なものだけを残し、やせ細っているもの・色が悪いものは
抜いてしまうというのが一般的な間引きでしょう。

けれども我が家は食費節約、自宅で育てられるものは自足で!という目的で家庭菜園を
しているので、綺麗な芽はそのままにしておいて、やせ細っているものや色が悪いものは、
いったんそこから抜きはしますが、抜いた芽も別のプランター・場所に移植してあげて育てます。

決して捨てるようなことはしません。

大きく成長すれば、他のものと変わらないくらい元気になる芽もありますし、
生育が悪く小さめだったとしても、食べられることに変わりはありませんから、
間引いて処分してしまうのは勿体ないと考えています。

種を撒くと、間隔が近いまま芽吹いてしまうことも多々あります。

そんな時にも間引いた後は、また別の場所に移植してあげると、意外と元気に育つものですよ。

間引きは、家庭菜園をする中でも大事な作業です。

けれども食費節約のために食べらるものを植えた場合には、私はできる限り移植してあげることを
オススメしますね。

このページの先頭へ