悔しい思いをさせられる害虫

家庭菜園を始めると、悔しい思いをすることもでてきます。

私が家庭菜園を始めたばかりの頃、ものすごく悔しい思いをさせられたのは、
「害虫」による被害でした。

私が家庭菜園を始めるにあたって最初に購入した物の中に、レモンの苗木がありました。

レモンの木は寒さに弱かったり、虫にやられやすかったりと何かと手間のかかる樹なので、
無知で購入したとはいえ、初心者では育成が難しいものをよくも購入したものだ・・・、
と呆れてしまいます。

レモンの苗木を購入したのが秋。

なんとか冬を室内で過ごさせて、春には元気に葉が生い茂りました。

けれども、アゲハ蝶の幼虫が大量発生し、元気にみずみずしく育った葉を
所々食べられ齧られ、とてもガッカリしました。

実がなったら食べようと思っていたので、害虫駆除の薬は使用したくありませんでした。

なので、幼虫を探して1匹ずつ駆除していく・・・、という日々が続きましたよ。

駆除しても駆除しても、次の日にはまた何らかの虫が葉っぱをかじっている・・・、
の繰り返しには、本当に悔しい思いをしましたね。

見て楽しむだけの花を育てるのであれば、防虫効果のある土を撒いてみたり、
虫よけの薬をふりかけてもいいと思います。

しかし、できることなら、口にする予定のある野菜や果樹は、
丁寧に手作業で駆除してあげると良いでしょう。

このページの先頭へ